《2006年 3月》 ●1月 ●2月 ●3月 ●4月 ●5月 ●6月 ●7月 ●8月 ●9月 ●10月 ●11月 ●12月
過去のギャラリー >> 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
田島一成ホームページへ >>

民主党滋賀県第2区総支部定期大会

06.3月26日
午後2時から長浜勤労者福祉会館「臨湖」にて民主党第2区総支部定期大会を開催。
250名の党員サポーターの参加を得て、今年度の方針を審議し承認戴きました。
今夏の県議補選長浜選挙区での田中しょうご(民主党推薦)予定候補の必勝と来年の統一選への取り組みを協議確認し、今だからこそ「一枚岩」の地方活動を積極的に進めることを決議しました。
滋賀県脊髄損傷者協会

06.3月26日
滋賀県脊髄損傷者協会春の親睦会にお声をかけていただきました。
車椅子でもみなさん元気一杯!車椅子での日々の暮らしの問題や課題も聞かせて頂きました。しっかり答えるのが私たち政治家の使命
「民主党もしっかりせなアカンっ!」と叱咤激励も頂きました。
春の伊吹山

06.3月25日
彦根リンゴ農園「河内ファーム」から望む伊吹山。残雪と空の青も春に近づいたコントラスト。
その昔、藤原実方朝臣(小倉百人一首51番)が、
「かくとだに えやはいぶきの さしも草 さしも知らじな 燃ゆる思ひを」
と詠んでいます。

彦根リンゴ接木イベント3

06.3月25日
これは初代の彦根リンゴの木です。もう3〜4年になります。
大きくなって、とても嬉しいです。
自然と触れ合ったり、大地の恵に感謝したり、こういう時間がとても気持ち良いです。
彦根リンゴ接木イベント2

06.3月25日
台木を接木に合うように切ります。次に接ぐ方の木も切ります。
これがなかなか難しく、指導員の方にご指導をいただきながら、作業を進めます。
それから木と木をテープで固定します。文字通り木を接いでいくわけです。
彦根リンゴ接木イベント

06.3月25日
今回で3代目の接木となりました。13年前から取り組み始めて、やっとここまできました。感無量!
2代目に接木した木が、もう背丈ほどに大きくなっていました。
一緒に取り組んできた方に「ここでええの?」と聞きながら作業をします。

旭森スポ少バレー団激励2

06.3月25日
いよいよ出発。
伊丹空港までバスで行くそうです。まずは選手と付き添いの先生。
後日に、保護者有志で札幌まで応援に行くそうです。
私も応援に行きたいっ!
旭森スポ少バレー団激励

06.3月25日
地元の旭森スポ少バレー団が、札幌で開催される全国大会に出場します。今日はそのお見送り。
子ども・保護者・先生の垣根を越えて、一緒に何かをするエネルギーは大きく温かく感じました。
結果を気にせず、バレーを楽しんできてほしいです。
森の子保育園卒園式

06.3月25日
理事を務める地元彦根の森の子保育園の「卒園式」に出席。
卒園する16名の園児たちは、とても可愛くて、我が子の幼い頃を思い出しついもらい泣き。未来に幸あれと心から祈っています。
恥ずかしながらこの森の子保育園の園歌は、私の作曲です。自分の作った歌を子ども達が口ずさむ姿は感動です。

田島一成ホームページへ >>
1 2 3 4 5 6 next>>  ●p.ink