《2006年 5月》 ●1月 ●2月 ●3月 ●4月 ●5月 ●6月 ●7月 ●8月 ●9月 ●10月 ●11月 ●12月
過去のギャラリー >> 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
田島一成ホームページへ >>

陸上自衛隊大津駐屯地

06.5月21日
陸上自衛隊第2教育団大津駐屯地創立47周年記念式典に参加しました。
大津駐屯地では、第2教育団が新入隊員の教育訓練を受け持っています。
指揮官の「世界各地で活動する自衛隊の同志隊員がみな無事でいるよう祈っている」と挨拶をされました。
私も心から隊員皆さんの無事を祈りつつ、日本の安心と安全を守っていただくことに感謝の気持ちを込めて、挨拶をさせて頂きました。
滋賀県障害者スポーツ大会

06.5月21日
今回で44回を数える、滋賀県障害者スポーツ大会からご案内をいただきました。
晴天に恵まれ、まさに競技会日和となり、参加者の皆さんの顔がいつもに増して輝いていました。多くの高校生が運営のサポートにボランティア参加しており、お互いに助け合う姿を見て、爽やかな気持ちになりました。
障害者自立支援法が改悪されてしまいましたが、福祉行政への取り組みは、今まで以上に真っ向勝負で取り組んでいきたいと思います。
新しい応援団

06.5月20日
土曜日の昼間は地元の皆さまから、各種多様のご招待をいただき、いつも感謝しています。なかなか全部に顔をだすのは難しく、毎回残念に思います。
この日も広い選挙区を東西奔走で最後の集会となりました。
私を「支援してやろう」と、市内の有志の方が「彦根がんばる会」と称して集まってくれました。胸が熱くなります。
来年の統一選にまで話が盛り上がり、今日一日の疲れも吹っ飛ぶくらいの盛り上がりでした。
ちなみに今日5月20日は私と妻の14回目の結婚記念日です。

民主党滋賀政治スクール開講!

06.5月20日
第2期となる民主党滋賀政治スクールのプレスクールで挨拶をしました。
「まずは体験!」と銘打ち、民主党マニフェストでもご協力いただいていいる「山ア養世」さんを講師にお招きして開講しました。
この政治スクールから昨年地方議員が誕生しています。そして「田中しょうご」さんもこのスクールの出身者です。
興味のある方は、ぜひご参加下さい。本開講は6月10日です。
民主党自治体議員フォーラム

06.5月14日
長浜市で開催されていた民主党自治体議員フォーラム近畿ブロック第2回研修会に参加しました。
2時間にわたり街宣活動や商店街ねり歩きをしてくださった鳩山幹事長も参加してくださり、100名以上の地方議員の皆さまと懇親を深めました。
開催地選出として挨拶をし、乾杯の音頭をとらせてもらいました。
私が市議のころから懇意にしている懐かしい方が大勢参加してくれていました。「全国若手議員からのメッセージ(共著)」を書いた頃は、皆1〜2期の新米議員でしたが、あれから10年以上経つとそれぞれがベテランの域に達していて、不思議な気持ちになりました。
鳩山幹事長と街宣2

06.5月14日
場所を長浜駅前に移しての街頭演説です。駅前はすでに黒山の人だかりで300人程が集まってくれました。
「市長のご子息が県議選に立候補するらしい。親子が地盤を一緒にして政治活動をするのはいかがかと思う。私(鳩山家)も政治家一家だが私は縁も縁もない北海道選出だ。政治を私物化するよな事はあってはならない。」と力強い応援をいただくと、大きな拍手が起こりました。

鳩山幹事長と街宣

06.5月14日
長浜市に鳩山由紀男民主党幹事長を迎えて、街宣活動をしました。お忙しい時間を調整してくださり、感謝感激です。
アルプラ平和堂長浜店前で、鳩山幹事長・田中しょうごさん・林参議院議員・私田島の4人で、道行く方や買い物帰りの皆さんに訴えました。
突然の鳩山幹事長の登場に、現場には多くの方が足を止めてくださりました。
カロム大会

06.5月14日
地元彦根市西今町のカロム大会に、「カロム名人(自称)」として参加しました。50人くらいの老若男女がカロムを楽しみました。
自称カロム名人としては負けるわけにはいかないので、上着を脱いで気合を入れて臨んだのですが・・・結果は小学生に軍配は上がりました。
近所の皆さんが誘い合わせて参加する「地域行事」は、コミュニティー活動の基本だと思っています。管理社会や監視社会とは無縁の、子どもが子どもらしく楽しんでいる時間に心がとても和みました。
県腎協通常総会

06.5月14日
滋賀県腎臓病患者福祉協会第14回通常総会のご案内をいただき、来賓として挨拶をさせて頂きました。総会に先立ち、お亡くなりになられた方へ全員で黙祷をささげました。
人工透析を長年続けてこられた方への表彰があり、35年続けてこられた方の、体調管理には感心しました。
医療費負担増が医療制度改革で叫ばれています。経済的な負担の軽減・精神的ケアの体制確立を求めて、自公の医療制度改悪を絶対阻止で頑張ります。

田島一成ホームページへ >>
<<prev 1 2 3 next>>  ●p.ink