《2007年 11月》 ●1月 ●2月 ●3月 ●4月 ●5月 ●6月 ●7月 ●8月 ●9月 ●10月 ●11月 ●12月
過去のギャラリー >> 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
田島一成ホームページへ

小江戸彦根のお城まつり

2007.11月3日
恒例の小江戸彦根のお城まつりのパレードを観覧しました。毎年重文の馬屋前に特等席を用意してもらって、他の観覧者には大変申し訳ない思っています。すばらしい天気で、マーチングバンドや鉄砲隊、俳優の渡辺裕之氏扮する直政公をはじめとする大名行列や、消防団員有志による町火消し梯子乗り(かなりのレベルアップに驚き!)など、満喫させていただきました。
ふれあい長浜農林水産まつり

2007.11月3日
すばらしい天気のもと、長浜市神照運動公園にて開催されました「ふれあい農林水産まつり」にお邪魔しました。開会式で挨拶をしたのち、主催者と同じ半被をまとって会場を一巡り。生産者とそれぞれの商品や作物を通して農業の課題について意見交換をしました。米価下落問題、農業就労者人口の減少・高齢化など、現場を知らない農水省による猫の目政策で、振り回されてきた怒りを受け止めました。生産者がそれぞれに自信と誇りを持って農業を続けていけるためには、やはり民主党で訴えてきた「個別所得保障制度」の実現しかないと、決意を新たにしました。
滋賀県重要施策説明会

2007,11月1日
毎年この季節に、県知事が上京し、国会議員へ滋賀県の重要施策政府要望について説明・意見交換会が開かれます。滋賀県選出の国会議員一同がそろって開催すれば良いのにと我々は提案するのですが、いつも自民党・民主党別々に開かれます。自民党側には何か不都合があるのでしょうか?
 それはさておき、冒頭、知事より県財政の厳しさが述べられました。歳入歳出のバランスが極めて悪い状況。自治体全てに当てはまることで、国からの交付金が激減していることが大きな要因であるとのことです。県民の我慢や負担とならぬよう努力をすると知事は約束して下さったが、地方財政のあり方自体を根本的に改革しないと、どこかの市のように破綻する自治体が出てくるかもしれません。

田島一成ホームページへ
<<prev 1 2 3 4 5  ●p.ink